市民のみなさまへ

●成人の風しんワクチン接種費用の一部助成について


現在、東京都内では成人男性の風しんが流行しています。風しんに抵抗力のない妊娠初期の妊婦さんが風しんにかかると、お腹の赤ちゃんに未熟児や難聴、目の異常、心臓の異常など様々な障害を引き起こします。(先天性風しん症候群といいます。)

調布市では東京都の助成を受けて、成人の風しんワクチンの接種費用の半額助成を開始します。
対象は調布市内にお住まいの19歳以上の方で、原則として、風しんにかかったことがなく風しんワクチンを受けたことがない方で、下記の1.または2.に該当する方です。
1.妊娠を予定または希望している女性
2.妊娠している女性の夫(胎児の父親)

期間は、
上記1の対象者は平成25年4月1日から平成26年3月31日まで、
上記2の対象者は平成25年4月1日から平成25年9月30日まで です。

使用するワクチンは風しん単独ワクチンまたは麻しん風しん混合ワクチンで、
医療機関で支払う金額(自己負担額)は、風しん単独ワクチンでは3000円、麻しん風しん混合ワクチンでは4000円です。
生活保護受給者と中国残留邦人等支援給付受給者及び市民税非課税対象者は無料です。

妊娠中の女性は風しんワクチンの接種は受けられません。
風しんワクチンを接種した女性は接種後2ヵ月間は妊娠しないようにして下さい。
対象となる男性は胎児の父親であることを証明するために妊婦さんに交付される母子健康手帳を持参して下さい。

実施医療機関はこちらをご覧下さい

(佐々木伸彦)